結婚・出産祝いのプレゼントのマナー

祝福の気持ちを形として表すことですよね。

結婚,出産,お祝い,プレゼン,ト贈り物,マナー

友人や親戚、お世話になっている人など、大切な人が結婚や出産の機会に恵まれた時。

 

『おめでとう!』の気持ちを素敵な贈り物に代えて表現したいです。

 

祝福の気持ちは今も昔も変わりませんが、マナーなどは時代とともに少しづつ変化もあるようです。

 

こちらのページでは、基本的なこと、気をつけたいことについてご紹介しています。

 

 

結婚祝いのプレゼント

新生活で必要となるような実用的なものを選ぶことが多いです。迷った時はカタログギフトや贈り物が重なっても困らないようなものを選びたいです。

 

親しい関係なら何が欲しいのかを直接聞いてみるのも本当に喜んでもらえるお品物を選ぶことができますね。

 

ご友人の場合なら、友達数人と連名で贈るのもいいですね。皆でお祝いを出し合えば高額で価値の高いものを選ぶことできます。

 

贈り物の金額は2〜3万円が一般的です。タイミングは、結婚式の1週間前までに贈ります。披露宴当日に贈り物を持参するのはマナー違反なので気をつけたいですね。

 

→ センス溢れるお洒落なカタログギフトのプレゼント!

 

 

出産祝いの贈り物

出産祝いの贈り物って定番のお品物が決まっていたりして結構重なってしまったりしそうです。例えば、ベビー服や赤ちゃん用の食器、おもちゃなど。出産のお祝いに適したセンス溢れる可愛いカタログギフトもあるので確認したいです。

 

最近の傾向として、大役を果たされた母親をねぎらうという意味合いでお母さんに喜んでもらえるようなお品物を選ぶというパターンも好まれていますね。

 

出産のお祝いの場合、お母さんの体を気遣うという配慮から、直接足を運ぶより郵送で贈らせてもらうほうがいい場合もあります。

 

贈り物の金額は、親類の場合、1万円から2万円、友人なら5千円〜1万円といったところです。贈るタイミングは、出産後、1週間から一ヶ月、お宮参りまでの間くらいに。

 

→ おしゃれで可愛いカタログギフトのお祝い